岐阜県関市鋳物師屋の内科クリニックです。2017年12月5日開院ー内科・呼吸器科・アレルギー科・小児科

アンチエイジング(自費診療)

  • HOME »
  • アンチエイジング(自費診療)

●初診料・・・2,000円
※再診料はいただいておりません。

【料金表】※価格は税込みです。治療内容・治療薬をクリックすると詳しい情報をご覧いただけます。
治療内容 料金 投与方法 投与の目安
プラセンタ ラエンネック 1,500円(2ml)
2,500円(4ml)
皮下注射 1回/1~2週間
メルスモン 保険適応(更年期障害)のみ ※1回に2mLのみの投与 皮下注射 1回/1~2週間
にんにく(ビタミンB1) 1,000円 静脈注射or点滴 必要なとき
リフレッシュ(ビタミンB1+ビタミンC) 2,000円 静脈注射or点滴 必要なとき
グルタチオン 2,000円(600mg)
3,000円(1000mg)
静脈注射or点滴 1回/1~2週間
スキンケア
(グルタチオン+ビタミンB2+ビタミンB6+ビタミンC)
3,500円(グルタチオン600㎎)
4,500円(グルタチオン1000㎎)
静脈注射or点滴 1回/1~2週間
スキンケア+プラセンタ
(グルタチオン+ビタミンB2+ビタミンB6+ビタミンC+プラセンタ)
5,000円(グルタチオン600㎎/プラセンタ2ml)
5,500円(グルタチオン600㎎/プラセンタ4ml)
6,500円(グルタチオン1000㎎/プラセンタ4ml)
静脈注射or点滴 1回/1~2週間
治療薬 内容量 料金
バイアグラ 25mg 1錠 1,300円
50mg 1錠 1,500円
シルデナフィル 25mg 1錠 900円
50mg 1錠 1,000円
シアリス 10mg 1錠 1,500円
20mg 1錠 1,700円
レビトラ 10mg 1錠 1,300円
20mg 1錠 ※現在、品切れ中です 1,500円
プロペシア 1mg 28錠 8,000円
フィステナリド 1mg 28錠 5,000円
ザガーロ 0.5mg 30カプセル 10,000円

プラセンタ(皮下注射)

プラセンタ(placenta)とは胎盤を意味する英語です。
胎盤は胎児の成長を支える大事な組織であり、その胎盤から抽出されるのがプラセンタエキスです。私たちの体に必要な成分を多く含み、健康に働きかける力を持っています。また最近では美容にも有用であることが分かってきています。

具体的な効果としてホルモンバランスの改善、免疫力の増強、美肌作用等が期待されています。

美容目的の場合は自費診療となりますが、更年期障害等一部の疾患には保険適用があります。診療を希望される方は一度スタッフにご相談ください。

 

にんにく注射(静脈注射・点滴)

にんにく注射といっても本当ににんにくが入っているわけではありません。主成分はビタミンB1で、注射するとにんにくのような香りがする(本人が感じるだけで、他人には分かりません)ため名付けられました。

ビタミンB1は炭水化物(糖質)を体内でエネルギーに変換する働きがあります。体内のエネルギー産生を増強するため、よく「疲れた時には甘いものを食べれば良い」とか「頭を使うときは甘いものを食べれば良い」など言われますが、実際には糖質の摂取だけでは不十分であり、ビタミンB1も接種することによりエネルギーを生み出すことができます。

エネルギーを効率よく生み出すビタミンB1は身体的疲労だけでなく精神的疲労にも効果が期待できます。

 

リフレッシュ注射(静脈注射・点滴)

ニンニク注射(ビタミンB1)にビタミンCを配合してあります。

ビタミンCには疲労回復効果、免疫力増強効果の他に、コラーゲンの生成促進、細胞の老化を防ぐ強力な抗酸化作用と、しみやそばかすの原因となるメラトニンの生成を抑制する美白効果があります。またビタミンCには抗ストレス作用もあり、複雑多様な社会生活を営む現代人には欠くことのできない重要な栄養素となっていますが、人間の体内では作り出すことができず、溜めておくこともできません。

食事やサプリメント等で定期的に摂取することはもちろん必要ですが、注射・点滴で効率的に補給し心も身体もリフレッシュしましょう。

 

グルタチオン注射(静脈注射・点滴)

グルタチオンは細胞の老化を防ぐ抗酸化物質であり、強力な抗酸化作用を背景にアンチエイジング、色素沈着、肝斑、じんま疹、慢性皮膚炎、パーキンソン病、動脈硬化症などに効果が期待されており、近年では美白成分として化粧品にも含まれています。

 

スキンケア注射(静脈注射・点滴)

グルタチオンに美白、美肌効果の高いビタミンB2、 ビタミンB6、ビタミンCをプラスしたスキンケアメニューです。

 

スキンケア+プラセンタ(静脈注射・点滴)

スキンケア注射にプラセンタをプラスしたメニューです。

ED

ED(Erectil Dysfunction:勃起不全)の医学的な定義は「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」とされています。

原因としては心因性のものから身体的障害によるものまで様々です。高齢者人口の増加や生活習慣病の多様化、社会的ストレスの増加によって患者数が増加していると推測されています。

当院ではED治療薬として数種類の内服薬を用意しています。薬との相性も様々ですので、医師と相談して是非自分に合う薬を見つけてください。

AGA(男性型脱毛症)

AGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)とはその名の通り男性に多く見られる脱毛の症状で、主に頭頂部などの毛髪量の減少および額の生え際が後退するという症状が出ます。

遺伝や男性ホルモンの影響,喫煙や糖尿病等による血行不良などが主な原因として知られています。

プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)が男性ホルモンを抑制する薬として知られ、薄毛・AGA治療薬として世界中で多くの方が服用されています。プロペシア、ザガーロとも毎日1錠の内服となります。

効果を実感するまでに通常6ヶ月、早くても3ヶ月必要といわれていますが、「10年間の服用で86%が現状維持以上の効果を実感している」という海外の研究もあります。

関市鋳物師屋のおおすが内科クリニック TEL 0575-46-8001 診療時間 8:30-12:00(土曜のみ~12:30), 16:00-19:00
[※木曜,土曜は午前中のみ。日・祝休診]

PAGETOP
Copyright © おおすが内科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.